AGAの効果に期待しよう│きっちり治療しっかり増毛

医者と看護師

生活習慣の改善からが大事

ドクターとナース

agaは一人ひとりの回復パターンが違うので、患者に合わせた治療が必要です。東京のaga専門クリニックのほとんどでは、薬剤による治療と生活習慣の指導が同時に行われる特徴があります。また、ストレスなどが原因の髪の悩みを無料で相談できるカウンセリングもあり、相談することによって早期治療の近道になります。

高い発毛効果を得る方法

男の人

agaで悩まれている場合には、専門病院でのaga治療がおすすめです。1人1人に合った治療を受けることができ、高い発毛効果を実感することができます。また、他にはかつらや育毛剤、皮膚科での治療も効果的です。

薄毛を改善する方法

先生

薄毛にお悩みの方の中には男性型脱毛症であるAGAの可能性がある方もいらっしゃり、AGA治療は病院で治療を行えますのでより症状に合った病院を選ぶ工夫でより良い結果を得る事ができるでしょう。AGA治療は自由診療ですので、費用負担についても知っておく必要があるかもしれません。

医療機関にかかりましょう

男性

薬がよく効く

臨床試験などを通じて、薬の効き目が実証され、AGA治療の効果は確立されてきました。AGA治療において、必ずと言ってよいほど処方されるのが、「プロペシア(フィナステリド)」と呼ばれる薬です。もともとは前立腺肥大を抑える薬でしたが、これに脱毛を抑える効果が発見され、改良にいたり、現在では脱毛抑止薬としての名を馳せるようになりました。臨床試験では、服用した方の98%が薄毛の進行を抑止することができたというデータもあります。一方で、「ミノキシジル」という薬は、発毛を促進する効果が実証されています。もともとは血圧を下げる効果が期待されての薬でしたが、血行が改善されることにより、毛髪も増えることが発見されたのです。臨床試験の結果、1年の服用で、改善率は9割ということです。

副作用のリスクも

AGA治療において、脱毛抑止の「プロペシア」と発毛促進の「ミノキシジル」を双方とも服用することで、効果が倍増します。AGA治療において、薄毛を実感する方は、大変多くなっています。ただし、効果に個人差があり、効かない場合もありますし、体質によっては合わない場合がある点は注意しなければなりません。薬は比較的安い料金で、個人で輸入することもできますが、医師の指導なくして使用するのは大変危険です。理由は、副作用の恐れです。「プロペシア」については、副作用はあまりないものの、女性や未成年の使用は禁忌とされていますし、「ミノキシジル」には血圧低下・体毛増加などの副作用があります。心臓疾患をもっていたり、血圧に異常がある方は使用を控えるべきです。血圧が高く、病院から薬を処方されている場合は、「ミノキシジル」との併用で血圧が下がりすぎ、命に関わってきます。医師から処方された場合でも、焦って多めに使用することなく、用法用量を守って使用してください。